ロスミンローヤルに騙された!?

光老化とは?

光老化とはどういったことなんでしょう。
また、その対策はどのようにすればよいのでしょうか?

 

 

光老化とは、
紫外線を長い間浴び続けることによって、シミやシワ、たるみができてしまうことをいいます。

 

やっぱり紫外線はお肌に的です。子供がサッカーをやっているママ友がいるんですが、ずっと外で応援していた成果、シミやソバカスができまくっていたんです。大変だなって印象でしたけど、やっぱりああいうふうにならないようにしなければなって心の何処かで誓いました。

 

 

話を元に戻すと、あんまりいいフレーズではないですよね。「光老化」
紫外線を分析すると、2種類あってそれがUV-AとUV-Bというもの。

 

UV-Aというものは、ジワリジワリと光老化を勧めるものとされています。紫外線の中では波長が長いので、曇り空であっても、窓ガラスであっても通り抜けて肌につきささってくるわけなんですよ。恐ろしい…。
なので、後ほど説明するUV-Bよりも20倍から30倍多い量が肌に届いてしまっているとされているんですね。
で、、皮膚の弾力を奪って、シワをつくってしまうんです。もともと肌のハリをキープしてくれているコラーゲンであったり、エラスチンであったりするものを破壊する酵素を増加させてしまうんです。そして、だんだんたるんできた皮膚は、免疫力も低下してしまっているんですね。

 

 

UV-B
主に日焼けさせる、紫外線の中でもは長の短いものとされています。メラニン細胞を活性化してメラニンを沢山つくるんですね。
これは皮膚がんの原因ともされるもので、皮膚にしては強すぎるもので、シミもできてしまうということなんです。

 

 

 

紫外線からくる光老化というものは恐ろしいということがわかったかと思います。できるだけ紫外線に当たらないようにしなければいけません。

 

これからの対策としてはそれでいいと思いますが、すでに小じわになってしまったものには…