ロスミンローヤルに騙された!?

スキンケアと油分の関係について

 

 

 

スキンケアの仕上げに油分を含んだ乳液を使っている人もいることはいると思います
確かに潤いがある感じでしっとりとしますし、これで保湿が保たれると思います。

 

がしかし、お肌に必要なのは、油分じゃなくて水分なんですね。油分をかぶせるのではなくて、水分を保つのが大事とされているんです。

 

 

お肌の表面に油分をぬりたくって、肌の内部の水分を閉じ込めておくという方法も一つかと思います。しかしこれ自体がもう古い情報とされていて、今は保湿に使われているのは、油分ではなくて、細胞間脂質と言われているセラミドなどが有名なんですね。

 

 

乳液で肌の潤いをキープするよりも、保湿成分を沢山含んだセラミドを使う方法が主流となり、それがより効果的とされています。

 

 

好きで乳液を付けている人もいますし、これが良いんだなんて人はそのまま使用されていてもいいと思います。

 

しかし、それはそれとして、セラミドを使用した保湿成分を含んだビy法益を付けていくようにしましょう。

 

 

結局は油分を付けすぎるとそれが原因となってニキビや肌老化になってしまいうんですね。実は。

 

乾燥しやすい部分を中心につけていくと良いでしょう。

 

 

セラミドがいいと書きましたが、それだけではなくてセラミド類似物質なんてものもあります。
そういった美容液を使っていくとよいと思います。
成分:セラミド、スフィンゴリピっど、ステアリン酸コレステロール、レシチンなどがいいです。